コメント制度について

情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)研究会では,2000年度からの研究会活動をより充実させるためにコメント制度を実施しています.

コメント制度とは?

コメント制度を希望した発表の予稿を運営委員があらかじめ精読し,質問やコメントを事前に準備し,発表の場にてお伝えする制度です.
この制度により,発表の場での発表者/聴講者の相互理解をより一層深めるとともに,研究を磨き,さらなる発展を目指す場としての研究会の役割を強化することを目的としています.
尚,コメントの結果が発表の可否や日時に影響することはありません.また,コメントをCVIM研究会の場や研究会のコメント制度用のウェブページ(発表毎に個別のページとなります)以外で公にすることはありません(著者の希望がある場合を除きます).

コメント制度の希望者へ

  • 情報処理学会のウェブサイトから発表申込をされる際に,「研究会への連絡事項」の欄に「コメント制度希望」と御記入下さい.
  • 原稿提出の締切後に,コメント制度用のウェブページのURLを含めた申込確認メイルが送付されます.研究会までに運営委員より質問・コメントが記入される予定ですので,随時,コメント制度用のウェブページを御確認下さい.

 

(2013年12月1日)

Published on  March 2nd, 2016