CVIM2018年5月研究会 募集要項(第213回)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                CVIM2018年9月研究会 募集要項(第213回)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【9月の論文募集】 次の3種類の論文を募集します.
(1) 『一般セッション』
(2) 『テーマセッション』


日時:    2018年9月20日(木),21日(金)

会場:    福岡工業大学

住所:    〒811-0295 福岡県福岡市東区和白東3-30-1

交通案内:    http://www.fit.ac.jp/shisetsu/campus/index

会場連絡先:    福岡工業大学 山澤一誠
     yamazawa at fit.ac.jp

発表申込締切:    2018年7月6日

原稿締切:    2018年8月20日

申込方法:    情報処理学会のWebページ(URLは以下)の「発表申込」より申込み.
https://ipsj1.i-product.biz/cgi-bin/ipsjsig/menu_jp.cgi?sig_div=CVIM

     ※ 研究会への連絡事項に,以下を記載下さい.
     ・論文種別
(いずれか一つを残して下さい.ポスター発表につきましては,文末のポスター
発表とCVIM研究会奨励賞についてをご参照下さい.)

     「テーマ」(口頭発表+ポスター発表)
     「テーマ」(口頭発表のみ)
     「一般」(口頭発表+ポスター発表)
     「一般」(口頭発表のみ)
     ・コメント制度希望の有無
(いずれか一つを残して下さい.また,詳細は以下URLをご参照下さい.)
     http://cvim.ipsj.or.jp/index.php?id=comment
     「有」
     「無」
     申込・照会先:
     橋本 敦史(京都大学)    E-mail: atsushi.hashimoto at sinicx.com

原稿作成要領:    以下のページを御参照下さい.
     http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

--------------------------------------------------------------------------

2018年9月のCVIM研究会では,電子情報通信学会パターン認識・メディア理解(
PRMU)研究会および情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会と連催し,『機械
学習とその応用関連』をテーマとして企画します.
 近年,大規模データベースや計算機の高性能化を背景に,パターン認識・コン
ピュータビジョン・機械学習における基盤技術の深耕と応用展開がさらに加速し
ています.これらの進展に伴い,従来では想像も出来なかった新しい課題が次々
と見出され,解決されています.このような背景のもと,今回の研究会では,パ
ターン認識・コンピュータビジョン・機械学習の基盤技術,および分野をまたが
って発展を遂げつつある深層学習などに関する理論・アルゴリズムから応用アプ
リケーションまで幅広く発表を募集します.また、テーマに沿った企画として、
「深層学習とGPUプラットフォーム最新状況」:山崎和博氏 (NVIDIA) ・
「Reservoir Computingの展開」:中嶋浩平氏 (東京大学)の二件の招待講演、さら
にPRMU企画セッション「人間を中心としたパターン認識・メディア理解の技術」
を予定しており、機械学習の実装基盤や基礎理論、新応用技術など様々な話題の
第一人者を多数お招きしております。
 なお,テーマセッションだけでなく,一般発表も受け付けます.口頭発表者が
さらに議論を深めるためのポスターセッションも予定しております.皆様の積極
的なご投稿・ご参加をお待ちしております.

テーマ担当委員:玉木徹(広島大),中山英樹(東大)

--------------------------------------------------------------------------

■ 注意事項・コメント制度

・発表申込後,「発表申込完了のお知らせ」に関するメールが自動発信されます.
・発表申込締切後の数日以内に,「講演申込受理のお知らせ」に関するメールが
発信されます.講演原稿の締め切り・要項・提出方法等に関する情報が記載され
ておりますので,記載された方法に従って原稿を提出下さい.
・万が一,「講演申込受理のお知らせ」のメールが届かない場合には,申込・照
会先にご連絡下さい.なお,原稿締め切り,要領についてのお問い合わせは,学
会研究会係にお願いします.(担当:研究会係sig@ipsj.or.jp)
・コメント制度を御希望の場合には,原稿提出の締切数日後に,コメント制度用
のウェブページのURLを含めた申込確認メール(件名:【第 xxx 回 CVIM研究会発
表申込】)が送付されます.研究会までに運営委員より質問・コメントが記入さ
れる予定ですので,随時,コメント制度用のウェブページを御確認下さい.万が
一,コメント制度にお申込み頂いたにも拘わらず,上記メールが届かない場合に
は,申込・照会先にご連絡下さい.

--------------------------------------------------------------------------

■ ポスター発表とCVIM研究会奨励賞について

CVIM研究会では,2015年1月研究会より,新たな試みとして,ポスターセッショ
ンを設けております.

最近のMIRUなどでも,口頭発表に加えて,より議論を深める場としてのポスター
発表(口頭発表と同じ内容で,参加者とより密な質疑・議論を頂きます)が定着し
ていることから,今回の研究会でも,口頭発表を頂く皆様にも,ポスター発表を
頂く場を提供させて頂きたく思います.(ポスターセッションは二日目の最終に
実施予定です.)

ポスターにつきましてはきれいに整ったものを作成して頂く必要はなく,議論の
ための資料と位置づけて頂ければ結構ですので,自由な形式で作成下さい.例え
ば,口頭発表のスライドを印刷したものでも結構です.

皆様からの多数のポスター発表によって,ポスターセッションがより一層盛り上
がればと思いますので,是非とも,口頭発表 + ポスター発表の申込を御検討下
さい.

更に,口頭発表を行い,かつ,ポスター形式での発表を行ったもの(但し,卒論
セッションは除く)を対象として,これらの研究発表の中から優秀と認められる
ものを選んで,対象分野における学術研究及び技術開発を推奨し,その発展を図
ることを目的とするCVIM研究会奨励賞を創設しました.各回の研究会において,
原則,1件を選定しますので,ポスター発表への積極的なお申込みをお待ちして
おります.

Published on  May 16th, 2018